投稿日:2024年1月20日

ここに注目!ブロック塀とTFウォールの違い

こんにちは!
埼玉県さいたま市を拠点にして、デザイン外構やフェンス工事を手掛ける株式会社クライチです。
今回は個人住宅で選ばれやすいブロック塀と、近年話題のTFウォールの違いについてご紹介いたします。
どのような塀が良いのか分からないとお悩みの方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

材質

虫眼鏡
ブロック塀とは、ブロック状に加工された建材を材料にして造られた塀で、主に石ブロックの石塀、煉瓦ブロックのレンガ塀が日本国内でよく見られる塀になります。
塀としては代表的なものになっていますが、1平米につきブロック塀は約270キログラムもあって重たいため、地震などで倒壊すると大変危険であり、人力で持ち上げるのは大変困難です。
使用する石の種類やレンガで重さは変わっていきますが、基本的には重量があることが特徴的です。
一方でTFウォールは、特殊EPSと呼ばれる特殊な発泡スチロールでできています。
それを材料にしていることから、1平米につき重さは約35キログラムであり、とても軽量です。
仮に倒壊しても人力で持ち上げることができ、被害を最小限に抑えることが可能です。

強度

ブロック塀自体の耐用年数は最大で約30年と長く見えますが、使用したブロックの厚さや素材ごとで目安は大きく変わります。
また、ブロックを固めるために使用したモルタルというセメントと砂を混ぜて水で練ったものが中性化してしまったり、地盤・基礎・塀自体の不具合が生じたりすることで、強度が建設当初に見積もった年数よりも短くなり、倒壊の危険性が高くなってしまいます。
一方でTFウォールは5つの層で造られているため、ブロックを1種類で複数積むよりも強度が上がり、簡単には倒れない仕様になっているのです。
例えば、TFウォールの第一工程である特殊EPSにベースモルタルと呼ばれる基盤を作っただけの状態のものに体重約100キログラムの成人男性が上に両足を揃えて立っても片足立ちしても壊れないほどの強度があります。
このように、ブロック塀よりも強度に優れていることがTFウォールの強みといえるでしょう。

クライチへご相談ください!

お問い合わせ
株式会社クライチでは、外構工事や内装工事に関する幅広いご依頼を承っています。
リノベーション工事も承っており、これまで数多くの実績を積んでいます。
お住まいのご自宅についてのお悩みや、マイホームを検討されている中で内装をどうしようかお考えの方は、ぜひ弊社までご相談ください!
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社クライチは埼玉県さいたま市の内装工事業者です
株式会社クライチ
〒336-0973 埼玉県さいたま市緑区南部領辻3706
TEL:048-789-6025
FAX:048-816-4450


関連記事

店舗工事 フローリング施工

店舗工事 フローリング施工

フローリングの施工を行ないました。 店舗工事 フローリング施工 動画でもご紹介します! https: …

西東京の学校ウッドデッキ工事!

西東京の学校ウッドデッキ工事!

株式会社クライチは平面のウッドデッキはもちろんのこと立体的工事も得意としています!戸建からマンション …

都内某所 店舗工事

都内某所 店舗工事

こんにちは!株式会社クライチです。 弊社は埼玉県さいたま市緑区に拠点を構え、関東一円で戸建て住宅や集 …