投稿日:2023年12月27日

知りたい!ブロック塀にフェンスは後付けできる?

こんにちは!
一般住宅や各施設、店舗などの幅広い建築物を対象として、本社所在地のさいたま市を拠点に内装工事、デザイン外構、エクステリア工事を主力業務にしています、株式会社クライチです。
防犯やセキュリティの意識の高まりから、塀を高くしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はお客様に向けて、フェンスの後付け方法や注意点などを詳しくお伝えします。

後付け方法

ハテナブロック
今あるブロック塀に新たにフェンスを後付けする方法は、大きく分けて3種類です。
1つ目は、ブロック塀に穴を開けてフェンスを設置する方法です。
塀の上部はモルタルなどですき間を埋めて穴が開いていませんが、コア抜きという技術を使用して設置していきます。
2つ目は、ブロックを積み増し、その上にフェンスを設置する方法です。
積み増す際にフェンスの柱を入れるので、コア抜きをする必要が無く工事の期間を短くできます。
最後は、ブロック塀の内側か外側にフェンスを設置する方法です。
今あるブロック塀に手を加えずに済むため、フェンス選びの選択肢も制限が少なくなります。
ブロック塀の上にフェンスを設置できない場合もこの方法を使います。

後付け可能なフェンスの種類や費用

基本的には通常のフェンス設置の時と同じで、例えばメッシュフェンスやアルミフェンス、鋳物フェンスなどさまざまな種類から選べます。
しかし、ブロック塀の上にフェンスを設置する場合に注意が必要なのが高さです。
ブロック塀とフェンスの高さは220センチまでという制限があること、既存のブロックの強度からフェンスの高さや重さが限定されるので、使用できる範囲で選ぶ必要があります。
費用に関しては、フェンスそのものは手ごろな価格で抑えられても、コア抜きを行う場合などは金額が少しかさむでしょう。

失敗を防ぐポイント

ブロック塀にフェンスを後付けする設置方法はいくつかあり、それにより費用や施工日数、見映えも変わります。
見積もりを取る時には、費用だけでなく工事内容や完成後の見映えにも着目しましょう。
フェンスを設置することによって敷地内の環境が変わる場合もあるため、設置後の日当たりや風通しがどうなるかを業者に入念に確認することが大切です。
また、隣家の日当たりや風通しにも影響が出るため、近隣への配慮も必要です。

クライチへご相談ください!

お問い合わせ
弊社では、防犯性も高めたいけどオシャレにもこだわりたいという方に、フェンスの設置工事などの最適なデザイン外構をご提案いたします。
理想の暮らしの実現のお手伝いをさせていただきますので、ぜひ株式会社クライチまでご連絡をください!
皆様からのご相談をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社クライチは埼玉県さいたま市の内装工事業者です
株式会社クライチ
〒336-0973 埼玉県さいたま市緑区南部領辻3706
TEL:048-789-6025
FAX:048-816-4450


関連記事

静岡県 人道橋設置

静岡県 人道橋設置

静岡県にて人道橋の設置を行ないました。 静岡県 人道橋設置 …

埼玉県草加市 個人邸 ウッドデッキ工事

埼玉県草加市 個人邸 ウッドデッキ工事

こんにちは!株式会社クライチです。 弊社は埼玉県さいたま市緑区に拠点を構え、関東一円で戸建て住宅や集 …

ルーバー工事です!

ルーバー工事です!

千葉県にてルーバー工事です!高所作業車での工事で大変でしたが出来上がりは素晴らしい! …